スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麸とわかめの味噌汁

麸とわかめ

 どうもここのところ買い物をしていなかったせいで、食材であるものといえばキャベツ、大根、じゃがいもと最近使ったものばかり(^_^;)。ということで面白みに欠けるので今日は乾物にご登場願いました。麸とわかめちゃんです。二日連続のわかめちゃんですが、すみませんわかめちゃん大好きなんです♪
 これと言って作り方を記す程でもないです、実に簡単。昆布と鰹節の出汁ストックを温めて味噌で味を決めたら麸を投入。乾燥わかめは別に水で戻しておいて、後で加えてから加熱しすぎないことが、シャッキリした歯ごたえのポイント。これも柔らかいのが好きな方はある程度煮てあげたら良いだけのことです。
 ウン、これもホッとする味のお味噌汁ですね♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 グルメブログ スープ・汁物(グルメ)へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

麸ともやしの味噌汁

麸ともやし1

 今朝は出汁のストック(昆布と鰹節)が少なかったため、水を足してアタマと腹わたを取り除いた煮干しをパラリと加えて加熱。旨味を引き出したらもやしを入れてさっと煮て、味噌で味を整えたら麸を投入。最後に三つ葉を乗せたら完成。昆布と鰹節に加えて、煮干しの動物系の出汁、そしてもやしからも良い出汁が出ますので、出汁の四重奏♪自分で作っておきながら一口飲んで唸ってしまいました(^-^)ゝ
麸ともやし2

 今日はもう一枚同じお味噌汁の写真を、角度を変えて。いつも大体2・3枚撮ることが多いのですが、それは湯気でぼやけたり、光線の具合で色味が悪くなったりすることもあり、もちろん手ブレで使えないこともあるのでその予防線を張って複数枚撮影するのです。今朝は少しお椀を回して撮っていると、こちらもなかなかいい表情で撮れたのでどちら、と選ぶことが出来ずに両方掲載することにしました。皆様はどちらがお好みでしょうか(゚Д゚≡゚Д゚)?(ちなみに色はいじっていません)
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 グルメブログ スープ・汁物(グルメ)へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

麸とつるむらさきの味噌汁

麸とつるむらさき

 いよいよ夏休みも本番のようです。いや何せこの数日の暑さでは、まともに働くというのは非常に厳しいのでしょうから、思い切って休んでしまうのも手かもしれませんね。でもまぁ、そんな時がかきいれ時という方やシフトで働いている方々も多いのでしょうから、そんな方々にはエールを送りましょう(^-^)ゝ

 さて、昨日は胡麻和えに仕立てたつるむらさき。実は一昨日、お浸しにして頂いたのですけれども、その残りを今日はお味噌汁にしてみました。出汁を温めたところに味噌で味をつけて麸を入れ、最後に茹でておいたつるむらさきを投入し温まったら完成。簡単なものです。
 一旦茹でておいたので、アクというかクセも抜けて一層食べやすい感じです。麸も柔らかく、好相性のお味噌汁です。

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆
 昨晩はにらの玉子とじを作ったのですが、一束を使い切るには多すぎる気がしたので、少し残してしまいました。
豆板醤

 冷蔵庫の中の豆板醤を見て思い付いたにらの簡単キムチ。本当のキムチは"のり"を作って和えたりするのですが、これは非常に簡略Ver.で、しかも自分の感性の赴くままに作ったので本式ではありません。しかし、今朝食べてみたら結構イケたのでご紹介してみることにします。
●にら半束
●豆板醤小さじ1
●にんにく1かけ
●砂糖ひとつまみ   以上(^-^)ゝ
にらは3~5cmに切り、にんにくはみじん切り。以上の材料を混ぜて一晩置くだけ!
にら簡単キムチ

 昨日は残り物で作りましたが、にら一束に対して、豆板醤は加減して1.5倍、にんにくは同量、砂糖はふたつまみぐらいでOKなのではないでしょうか?元々乳酸発酵させるものなので、もう少し日を置いてもいいでしょう。好みでしょうがのみじん切り、胡麻もしくは胡麻油をプラスしても良さそうですね。
 写真の豆板醤のボトル、地元錦糸町の食材屋さんで1kg入り¥299で購入。なかなか減らないのが…(^_^;)

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

麸とわかめの味噌汁

麸とわかめ

 今日は乾物同士の組み合わせ。決して手抜きではないんですよ(笑)。どちらもお味噌汁の具材として大好きなんです^^b。
 まずはとっておいた昆布と鰹節の出汁を温めたら味噌を溶き入れ、そこに麸とわかめを入れるだけ。うーん、簡単だなぁ、やっぱり。でも、今日のも実に美味しく出来ました。
 向こうに霞んで見えるのは、こちらの二品。
切り干しとなめたけ

 手前に見えるのが切り干し大根、奥は自家製なめ茸。切り干し大根の煮物は、通常油揚げと炊き合わせるのが多いと思いますが、最近我が家では、出汁を引いた後の昆布や鰹節を刻んで加えることが多いのです。出汁ガラとは言え、まだ十分に旨味が残っているので気に入っています。昆布と鰹節の佃煮にされる方も多いのですけれど、味が濃すぎて飽きちゃうんですよね、ワタクシは。
 自家製のなめ茸は初めて作りましたが、簡単なものです。いつもいつも御味噌汁の具には使えませんからね、当ブログ的には。
 鍋に水を200ml計量して加熱し、そこに醤油と自家製のみりんを1:1の割合で加えます。
 醤油とみりんは1:1というのは和食の中の基本といいますか、黄金比率なんですね。みりんの甘みと醤油の辛さのバランスがとれているので、これで煮物や煮魚など作れば大体のところ失敗なしです。水分の量の加減で薄味から濃い目の味まで自由自在です。これを八方出汁といいます。八方(あちらこちら:あれこれ)に使い回しが効くからだろうと推測しますが。もちろん煮物には水ではなく出汁に変えてみると風味がグンと増しますが。
 そこにほぐしたえのきを入れて軽く煮て火を通したら火を止め、自然に冷まして味を染み込ませて完成。好みで一味を隠し味に入れるというのもアリです♪

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

麸ともやし、わかめの味噌汁

麸ともやし、わかめの味噌汁

 今日のお味噌汁はシッチャカメッチャカな組み合わせかな?とも思いますが。使いかけのもやしがそろそろだめになりそうなので。サッと出汁を温めて、少し濃い目に味噌を溶き入れ麸をパラパラと。もやしを入れると火が通るに連れて水分が出るようなので(味噌の塩分での浸透効果も)、少し濃いめぐらいで最後には丁度良くなります。これだけだと淋しいのでわかめもついでに入れちゃえ~♪
 全体に火が通り過ぎないように早めにさっさと作れるお味噌汁ですね、もやしのシャキシャキ感がいいアクセントになりました♪

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

Misoblog
グルメブログに登録しています♪ 皆様よろしくお願いします♪

FC2Blog Ranking

プロフィール

coldgin

Author:coldgin
味噌汁を初めて作ったのは
9歳の時。それから幾年月…
単品よりも複数の具材を組み合わせた美味しさが魅力
だと思います。美味しい味噌汁はひと手間掛けて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メインの食材によるカテゴリ
カウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
2198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
189位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
好きな味噌汁の具
どんな具材がお好みでしょうか?
無料アクセス解析
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram
検索ワードランキング
レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。