スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えのきと油揚げ、わかめの味噌汁

えのきと油揚げ、わかめ

 またしてもきのこを使ったお味噌汁です、えのきちゃんと油揚げ、わかめのお味噌汁。
 もう作り方というものもありませんが、昆布と鰹節の出汁に割りほぐしたえのきと油抜きをした油揚げを短冊切りにして入れ軽く煮ながら味噌で味付け。別に水で戻しておきましたわかめを加えて完成。きのこ類とわかめなど海藻類を組み合わせることにより複雑な味わいが増しますね♪
☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆
 出汁と言えば、当ブログでは昆布と鰹節の出汁を『基本の出汁』と称しています。実家の時は鰹節だけの出汁が基本でした。出汁にキビしい関西の方は昆布出汁がメインの旨みを効かせた料理が多いように思います。関東都関西ではかなり出汁に関するこだわり、風味が異なりますが、以前調べたところ関西では軟水の水質が昆布の風味を引き出すのに適しているとのことでした。関東ではミネラル分の多い硬水で昆布の旨みを引き出しにくいようです。
 また北前船で運ばれることが殆どであった江戸時代の昆布は太平洋周りではなく日本海周りでしたので、昆布の主要産地である北海道から日本海沿岸の寄港地で昆布の積み下ろしが多かったようです。現代から考えると太平洋の方が冬場も荒れることが少なく運行しやすいように思いますけれども、その当時の海運技術では日本海を通るルートのほうがう都合が良かったようです。そうしてあちらこちらに寄港して最終的には大坂(今の大阪)に運び込まれた昆布は大阪を中心とした関西圏に広まり、また四国地方の東北部辺りまでは伝わったそうですけれども、南側に位置する高知までは及ばずに、逆にカツオの水揚げを誇る同県では鰹節がメインの出汁の文化が醸成されることとなったとあります。また四国では四方を海に囲まれ小魚を含め様々な水産物に恵まれイリコ出汁でお馴染みのイリコ(煮干し)が出汁によく使われることが挙げられるかもしれませんね。
 
 さて今朝見ていたTV番組の中で『五島うどん』のお取り寄せが取り上げられていました。ワタクシ実はお取り寄せというものをしたことがなく、実際に旅をしてそのご当地で探す方が性にあっております。長崎へは数回バイクで旅をしたことがございますが、佐世保から平戸までは行きましたけれども、五島は無いのです(ノД`)シクシク。その五島うどんではアゴ(トビウオ)の出汁が使われておりまして、常々一度使ってみたいものだと思いつつ、長崎では買い損ねてしまっていたのです。
 しかし、その後新潟から山形、秋田へと旅をしていた折に、山形・酒田のスーパーで見つけたのが意外でした。その後調べたところによると、山形の沿岸部でもトビウオはよく使うらしく意外な共通点に驚かされたものでした。喜び買って帰って、と裏面の表示を見ると名古屋の業者さんの名前が記されているのを見て、ビミョーな気持ちになったのは言うまでもありません(?_?)。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 グルメブログ スープ・汁物(グルメ)へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野菜がすっごく高いですよね~(泣)

なので・・・あまり値段に影響がない
きのこは我が家では必須アイテムです(笑)i-237

味噌汁にはもちろん!!
炒め物とかいろんなものに使ってますi-234

家は・・・
出汁は・・・かつお出汁ですっ!!!

産地と・・・

産地と販売元と販売されている地域が違う・・・
確かに不思議な感じですが意外とありそうですね。

油揚げの油抜き・・・滅多にしません・・・面倒だから(爆

Re:

ななきちさん

ホント、野菜が高くてバリエーションが増やせません(TдT)

きのこ類は栽培物が多くなってくれたお陰で
一年を通して値段が比較的安定しますね♪
いい味出してくれるから、ウチでも必須です(笑)
競合店が競争していてえのき4・5パック¥105の時があるのです。
えのき・エリンギ・舞茸もしくはしめじの3点セットで
¥105の時もありますが速攻ゲットです^^v

かつお出汁は、一番癖がないかも♪
それで育ったから、やはり安心の味です♪

Re: 産地と・・・

Itopさん

そうなんです、法律上は全く問題ないそうですが
原材料の産地と加工地が違っていても
加工地《産》なのですよね。
海外旅行でその地のお土産を買おうとしても
中国産を買ってきてしまうというのが笑い話ではないですね。

油揚げも買ってすぐに使うのであれば
油抜きは必要ないそうです。保存していると
油が酸化するそうなので・・・(;´∀`)

No title

なんだかすごーーーく勉強になりますっ!!
各地でお出汁の種類が違うのは、昔の流通の関係などが大きく関係してるんですね。

私にはダメなお出汁ってありませんが、やはり濃い目が好きですっ

旅行に行ってお土産を買い、帰宅して製造業者とか生産国を見てガックシ・・・って何回も経験あります。
ビミョーな気持ちになりますよね(^▽^;)

Re:

きららさん

学校のお勉強は嫌いでしたが、
こうして自分の興味があることに関しては
ウェブでいくらでも調べられる、そんないい時代になったものです(^-^)ゝ

ということで、硬水(ミネラル分の多い水)だとそのミネラルが
邪魔をして関東では美味しい昆布出汁が出にくいそうなんです。
そちらのお水はどうなんでしょうか?

それぞれに出汁の特徴が異なりますから
どれって優劣を付けられませんが、昆布と鰹節、それに干ししいたけなんか
入れたらすごく複雑な旨みになってイイですね♪

買った土地≠生産地というのが結構あって買う時には慎重になるか
見なかったフリをすることも多いです( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
Misoblog
グルメブログに登録しています♪ 皆様よろしくお願いします♪

FC2Blog Ranking

プロフィール

coldgin

Author:coldgin
味噌汁を初めて作ったのは
9歳の時。それから幾年月…
単品よりも複数の具材を組み合わせた美味しさが魅力
だと思います。美味しい味噌汁はひと手間掛けて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メインの食材によるカテゴリ
カウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
2278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
177位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
好きな味噌汁の具
どんな具材がお好みでしょうか?
無料アクセス解析
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram
検索ワードランキング
レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。